ヤフー知恵袋

実際、物知りの人というのはそう多くはありません。それは、単純に全く知らない疑問から、以前聞いたけどあまり覚えていないというおぼろげな疑問まで、様々です。そんな疑問に関して、昔は人に聞いて回答を得るというのが一般的な解決方法でした。 こうすることによって、疑問の解決が可能となる上、知識が身に付くのです。ただ、この方法は「時間がかかる」というデメリットがあります。

特に、その中でも「ヤフー知恵袋」は非常に多くの人が利用している疑問解決のためのサイトですね。なかなか現代社会において、図書館へ行って本を探すという時間を確保するのは容易ではありません。ある程度時代が進み、新たな疑問の解決方法として生まれたのが、本です。そのため、日常の中で疑問を解決できる策としては、ちょっと心許ない方法といえます。これは、今も多くの人が用いている方法ですね。

生きていく上では、いろいろなことに疑問を持つことは、とても自然なことなのです。図書館などへ行き、自分が知りたい分野で、知りたい情報が載っていそうな本を探し、それを読む。ですが、この方法は当然ながら、聞いた人が答えを知っているということが前提となり、もし身近にそれに該当する人がいない場合は、解決できないという大きな問題がありました。このヤフー知恵袋について、色々な角度で検証と解説を行っていきましょう。

日常生活の中において、「疑問」というものは数多く存在しています。また、高尚な疑問もあれば、今さら人には聞けないというような疑問まで、その内 容も色々ですね。本には、様々な情報が掲載されていて、その本を読むことで人は知識を得ました。そこで、新たに誕生した疑問解決の手段が「イン ターネット」です。最近ではヤフーの知恵袋だけでなく他にもQAサイトがたくさんでてきていますが、今でもヤフーの知恵袋はその地位を確保しています。 それだけ多くのユーザーが使っていて、便利だという証ですね。


回答が得られる可能性

インターネットは、あくまでも世界各国の人々が立ち上げたサイトを閲覧するというシステムです。実際、それで回答が得られる可能性はかなり高いといえます。ですが、ヤフー知恵袋は誰もが好きなことを質問でき、それに対して誰もが回答できるという、コミュニティ形式のサービスとなっているのです。そして、ヤフー知恵袋は国内最大のナレッジコミュニティなのです。

多くの人は、疑問に思ったことに対して、検索エンジンを使って解決しようとするでしょう。ただ、インターネット検索も万能ではありません。特に、専門職の強い情報に関しては、あまり多くの情報を得ることはできないというケースが目立ちます。つまり、誰もサイトとして立ち上げていない分野の情報は、得ることはできません。

「Yahoo!JAPAN」が運営しているヤフー知恵袋は、いわゆる通常の「Q&Aサイト」とは性質が異なります。 普通、Q&Aサイトは既に疑問が掲示されており、それにメーカーやサイト主が回答するという形で構成されています。また、仮にサイトがあっても、あまりしっかりとした記述がされていなかったり、肝心なことは記載していなかったりということが多く、そこで詰まってしまう人も多いと思われます。このようなコミュニティを、「ナレッジコミュニティ」といいます。

今や、情報収集において誰もが最初に利用するほどに普及したインターネット。こういった場合、役立つのが「ヤフー知恵袋」です。日常生活における様々な疑問に対し、インターネットはその回答を得られる優秀なツールといえます。


相互リンク
ベッド ホテル



携帯からのアクセスが主流

Q&Aサイトのような、敷居をできるだけ低くした方が良いサービスにおいては、携帯からのアクセスが主流となることは明白です。 2006年末にはリニューアルを行い、2007年にはモバイル版もリニューアルして活性化を図った結果、特に携帯からのアクセスが急増し、ヤフー知恵袋というサービスは一気に普及しました。既に多くの日本人の中で、常識化しているヤフー知恵袋の存在。しかも、2004年はベータ版の提供のみで、実際に正式版が登場したのは2005年11月7日のことです。

当初はパソコンのみで使用できるサービスでしたが、2006年に携帯電話でも利用できるようになりました。その点をしっかりと押さえたことで、あっという間に日本最大のQ&Aサイトへと成長を遂げたのでしょう。そんなヤフー知恵袋が飛躍の時を迎えたのは、2006年から2007年にかけてです。

完全に定着してきている背景には、その使い勝手の良さや、サービスとしての自由性の高さなどがあります。ヤフー知恵袋の歴史を紐解くと、設立されたのは2004年と意外にも割と最近です。その歴史は決して長くはありませんが、それまで「Yahoo!」が積み上げてきた実績と、しっかりとしたマーケティングの結晶が、ヤフー知恵袋の成功を支えたといえます。

2010年の段階で、やっと5年を迎えたという非常に新しいサービスなのです。ヤフー知恵袋のサービ ス成功の要因は、いち早く携帯対応のモバイル版をリリースした点にあります。ただ、何より大き いのは、「Yahoo!」のサービスであるという点に尽きるでしょう。 ヤフーが提供しているというだけでもすごいですが、その質の高さにも驚かされるばかりです。 専門家がたくさん回答してくれることに使ってみたユーザーも驚くのです。


質問システム

多くの場合はそれが投稿という形になっていますが、はっきり言って、それが投稿されたかどうかは閲覧者にはわかりません。 まず質問システムですが、基本的にはヤフー知恵袋の利用者の誰もが質問できるようになっています。ただし、どうしてもこの文字数で質問ができないという場合は、「質問追記欄」を利用すればOKです。また、画像ファイルもアップロードすることが可能ですが、1つまでとなっています。

いくら回答がしっかりしていても、自分が知りたいと思う質問がなければ無意味ですし、せっかく知りたいと思っていた質問があっても、回答がおざなりでは肩透かしとなります。そういう意味で、ヤフー知恵袋の質問システムと回答システムは非常に利便性が高いといえます。よって、既存の質問を探すだけではなく、そこに自分の知りたい情報がない場合、自ら質問することもできます。また、質問する場合にはその質問の内容と一致するカテゴリを選択する必要があります。

実際、その真意や信憑性にはあまり重要性はなく、大切なのは質問の内容と、それに対する回答の質です。たとえば、質問の本文は5?100文字の範囲となっています。 もし、地図が必要な質問の場合は、「Yahoo!」地図を1つ付随させることが可能です。その場合、いくつかの制限があるので、それを踏まえつつ質問しましょう。

中カテゴリまでの選択が必須です。数多くのQ&Aサイトにおける質問は、閲覧した時 点で既にそのサイトに掲載されています。場所や施設に関する質問をする場合に有効 利用できるシステムですね。この追記欄には1,000文字まで書くことができます。 文字制限があるとはいえ、かなりの文字数ですので、詳細にわたって書くことが可能に なっており、特に問題はないと言えるでしょう。


問題視された事件

京都大学などの入試問題を試験中にヤフー知恵袋に投稿し、その問題を知恵袋利用者に解いてもらうという行為を試みた人がいました。 回答者に詳細を聞かれた場合などに利用すると良いでしょう。また、内容的に問題のない質問でも、聞き方ひとつで回答者の数がガラッと変わります。取り消しは回答のあるなしに関わらず可能なので、不適切な質問だと判断した場合は、自己判断で取り消しましょう。

実際、テレビで大きく取り上げられ、問題視された事件が2011年に起こりました。そんな事件に代表されるように、いくら自由に質問できるサービスといっても、節度は守らないといけません。尚、システム面での注意点としては、「補足本文」に関して有効利用できるようになっておきたいところです。ですが、必ずしもどんな質問でもOKかというと、そうとは限りません。

補足本文は、質問が曖昧だった場合、わかりにくかった場合など、質問者が一度だけ質問に対し補足ができるシステムで、5?200文字以内の補足が可能となります。それが明らかとなった結果、質問者は逮捕されてしまい、大学入試のあり方にまで影響を及ぼす結果となったのは、記憶に新しいところです。自分で好きな質問ができる点がヤフー知恵袋最大の利点といえます。それで問題ない場合は構いませんが、ちゃんとした回答を得たい場合は、わかりやすい丁寧な質問の文章を心がけましょう。

敬語を使わない不躾な質問の場合、回答もそれに応じた内容になるケースがほとんどです。それは、大学受験カンニング事件です。また、質問の取り消しは質問者が行えます。


相互リンク
結婚相談所 大阪



Q&Aサイト

Q&Aサイトにおける回答は、基本的にはそのサイトの主が行いますね。ただ、一人、もしくは数人が答えるというケースがほとんどなので、知識の幅や量には自ずと限界があります。 これはQ&Aサイトとしては非常に有益な点といえます。また、サイトの管理人が答えているということで、一定の信憑性、信頼性がある点も大きなメリットです。

場合によっては、回答者の思考が偏り過ぎていることもあり、必ずしも精度の高い回答が得られるとは限らないこともあるでしょう。たとえば、自動車のQ&Aサイトの場合、そのサイトの管理人が、自分の持っている車の知識を使って解答するという形が一般的です。つまり、これだけの膨大な数の人達が、自分の専門分野に対して回答を行うのです。

サービス利用者が少ない場合には、あまり大きなメリットとはなりにくいシステムですが、2011年時点でID数800万、月刊訪問者数1500万人を誇るサービスということで、非常に多くの「回答者候補」が存在しているサービスとなっており、これがヤフー知恵袋最大のメリットとなっています。 そして、ひとつの質問に対して答える人の数は決まっていないので、質問によってはかなり多くの回答が得られます。一方、ヤフー知恵袋の回答は、ヤフー知恵袋の利用者全員が行えます。

この方式の場合、その分野の専門家が答えるという点において、大きなアドバンテージがあります。よって、個人の偏った思想だけに留まらない、平均的、客観的な回答を得ることができるのです。



1ファイルのみ添付

画像ファイルが必要な場合は、質問の際と同様に1ファイルのみ添付できます。その点を注意した上で、回答を行うようにしましょう。どういう回答をすれば感謝されるのか、反対にどんな文章だと不快に思われるのか。利用者であれば誰でも回答できるという、Q&Aサイトとしては大きな武器を持つ「ヤフー知恵袋」。

回答の際に書き込める本文は、10?2,000文字です。基本的には、社会常識と照らし合わせれ ば問題ないのですが、現在のネット社会においては、それは通用しないのが実状です。まずは質問をして、それに 対する回答への返答をしたり、各カテゴリで既に行われている質問と回答をチェックしたりして、使い方の感じをつかみましょ う。ただ、そうなってくると当然ながら、初心者が回答をするケースも多々でてきます。 ですので、全ての答えをうのみにはできないといってもよいです。様々な情報を見てどれが信頼できるか選びましょう。

ヤフー知恵袋には「質問内容、回答内容は全て正しい」という旨の記述がなされており、それを認識した上で利用するように注意喚起されています。 これらを上手く利用し、最高の回答をしてあげましょう。そういった文は真似ることのないよう、マナーを守って質問者に感謝される回答を心がけましょう。基本的に、初心者の段階では積極的な回答は行わないことをおすすめします。

場合によっては、その回答が質問者に対して失礼にあたったり、他の回答者から異を唱えられたりすることもある か もしれません。まして、小学生や中学生も多数利用するヤフー知恵袋においては、敬語でもない、煽り目的とも思 える文章が散見されます。とはいえ、誤った回答や失礼な回答などをしてしまうと、質問者ばかりではなく、回答 者自身も泥をかぶることになります。Yahoo!地図も、同じく1枚のみ使用可能です。 ただ、悪用されるケースもあるので、節度をもった利用方法で活用しましょうね。 あまり過度な使用法は極力さけないと後で後悔することになりかねませんので。